確実な歯の神経と根の治療!歯の寿命が長持ちする根管治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
確実な歯の根の治療を!歯を長持ちさせる根管治療に必要な3つのこと

歯の神経を抜く、歯の根の治療である根管治療。その後のトラブルの発生率や歯の寿命は、治療のレベルによって大きく左右されます。
治療の必要性や手順、質の高い治療を行う為に必要な事など、根管治療について詳しくまとめました。是非参考にして頂ければと思います。

1. 歯の根の治療である、根管治療とは?

虫歯や突然の事故による歯の破折などが原因で、歯の神経を取らなければならない状態になった際に行う神経処置を、根管治療といいます。
一般歯科では、虫歯が原因で処置を行う事が多く、自覚症状として痛みを感じた段階では、既に神経にまで細菌による感染が起こっている場合がほとんどであり、神経を取る事で、痛みは治まります。

2. 歯の根の治療の必要性

「痛みを取る処置」として認知度の高い根管治療ですが、根管治療の本来の目的は別にあり、結果的に痛みがなくなるともいえます。
歯の神経を取らなくてはならない理由とは一体何なのでしょうか?

2-1. 細菌の消滅

根管治療の本来の目的は、歯の神経内部に侵入した細菌の消滅です。しかし、目視出来ない細菌のみを排除する事は不可能な為、やむを得ず歯の神経そのものを抜き取ります。

2-2. 細菌感染によるトラブルの防止

神経内部に侵入した細菌は、増殖し、やがて根っこの先に膿を作ります。この病気を根尖病変といいますが、根尖病変によってできた膿は、元々は顎の骨であり、細菌によって顎の骨が溶かされて膿となって表れます。
膿の出口が存在すれば、多少の違和感程度で済みますが、もしそうでない場合、拡大し続ける膿の塊が、徐々に周りの神経を圧迫し、突然立っていられない程の激痛が起こる事があります。

2-3. 歯の喪失の防止

歯の神経への細菌感染を放置する事で起こる根尖病変は、膿の大きさにより抜歯が必要になる事もあります。
原因である1本の歯のみの抜歯ではなく、膿が広範囲に広がっている場合であれば、他の歯も同時に抜歯せねばならなくなるケースもあります。

3. 根管治療の手順

根幹治療
根管治療は、決して1回で終わる処置ではありません。痛みが無くなったとしても、根管内にはまだ多くの細菌が存在しています。
治療の中断は、根尖病変の発生率を高くする為、大変危険です。正しい治療の流れを把握して、最後まで治療を受けるようにしましょう。

3-1. 検査・診断

まず、対象の歯の拡大レントゲンを撮影します。虫歯の範囲や、根尖病変の有無を確認し、治療方法を決定します。

3-2. 歯を削り、根管を露出させる

既に痛みが発生している、または痛みを伴う可能性がある場合は、先に麻酔をし、その後歯の内部を大きく削ります。
神経が存在する根管内が見える状態にまで削った後、専用の機材を使って、少しずつ神経を取り除きます。

3-3. 薬剤による根管内の消毒・洗浄

根管内に存在する細菌や、感染部位を綺麗に取り除く為に、薬剤を使用します。使用する薬剤は、症状によって変わりますが、強い匂いを発するものもあります。

3-4. 仮詰め

根管内の消毒・洗浄がある程度行われた後、仮の詰め物をします。1回の処置で、痛みが消えるケースは多いのですが、奥深くの神経がまだ生きている場合だと、再び痛みを感じる事があります。
痛みの有無に限らず、仮詰めの段階では、まだ根管治療は終了ではありませんので、必ず通院するようにしましょう。

3-5. 完成

根管内の消毒・洗浄を繰り返し、根管内が綺麗になったのを確認できたら、根管内を専用の材料を使って埋めます。
そして、失われた歯の代わりとなる土台を立てた後、その上から被せ物をして、完成となります。

4. 確実な根管治療に必要な3つのこと

根管治療は、ほぼ全ての歯科医院で行っている処置ですが、その完成度には差があります。処置後のトラブルを起こさない、確実な治療を行うには、高い技術・設備が必須条件となります。
質の高い根管治療で使われる材料や道具の紹介も含め、確実な根管治療に必要な事を以下にまとめました。

4-1. 精密検査

歯の根っこの構造を把握する為のレントゲン撮影は、一般歯科では平面状に映し出される2次元レントゲンを使用します。
精密な根管治療を行う際は、2次元ではなく、3次元の「歯科用CT」を使用し、歯の根っこの長さや太さ、奥行き等を正確に把握します。神経の取り残しによる痛みの再発を防ぐ事が可能となります。

4-2. 特殊な器具や機材

マイクロスコープ
目視が不可能な根っこの奥深くまで、鮮明に見ることの出来る「マイクロスコープ(歯科用大型顕微鏡)」や、柔軟性の高い「ニッケルチタンファイル」を使用する事で、感染部位の取り残しを防ぎます。
また、根管内への唾液の侵入を防ぐ為に、「ラバーダム」とよばれるゴム製のシートを使用する事もあります。

唾液には、多くの細菌が存在するので、根管治療では、内部への混入がないよう十分注意しなければなりません。

4-3. 高い効果のある薬剤

神経や、感染部位を取り除く作業を行うと、根管内には削りカスが残ります。削りカスにも細菌は存在しており、残したまま処置を終えてしまうと、根尖病変の起こる確率が高くなります。
精密な根管治療では、削りカスを溶かす効果のある「EDTA」や「次亜塩素酸ナトリウム」を使用する事が多く、処置の終盤で行う根管内を埋める治療に使用する材料は、隙間無く塞ぐ事が可能な「MTAセメント」が良いといわれています。

・MTAセメントについては、以下の記事で詳しく説明しています。
虫歯の治療最前線!歯の神経を残すMTAセメント充填法

5.精密な根管治療に必要な費用

特殊な器具や機材、薬剤を使用し、精密に行う根管治療は、後のトラブルを防ぎ、歯の寿命が下がるリスクを抑えます。
しかし、時間や手間、コストがかかる事から、精密な根管治療は保険外である事が多く、相場は1本あたり約7万円~9万円といわれています。(治療対象である歯の根っこの数でも変わります。)

6. さらに長持ちさせるために

精密で確実な根管治療を行っても、けしてリスクが無いわけではありません。
歯の寿命を出来るだけ長く持たせるには、患者さん自身が気をつけなければならない事もあります。トラブルの無い快適な毎日を過ごす為にも、以下の2点に注意しましょう。

6-1. 適切なお手入れ

神経を失った歯は、神経のある歯に比べ、大変虫歯になりやすく、栄養が行き届かない事から、割れたり、欠けたりするリスクも高くなります。
虫歯の発生を防ぐ為には、日々のお手入れが良いものでなくてはなりません。磨き残しが起こりやすい歯の根元を中心に、歯ブラシの毛先をしっかりと当てて磨きましょう。

6-2. 歯科医院での定期的なチェック

神経への細菌感染が原因で起こる根尖病変は、実は根管治療を行った後に起こる事が多く、原因は根管内の細菌の取り残しといわれています。
根尖病変の治療として、再び根管治療を行う事もありますが、前回よりも歯の割れるリスクは高くなります。
根尖病変の有無、そして歯の破折等、トラブルが起こっていないかを定期的にチェックし、早期発見、早期治療に努めましょう。

まとめ

いかがでしょうか?丈夫な歯には欠かせない神経。それを取らざるを得なくなったとき、あなたはどんな歯の根の治療を受けたいですか?
精密で確実な根管治療は、費用は決して安くはありませんが、何度もトラブルが起こり再治療を受けるより、経済的で安心な処置である事には違いありません。
適切なお手入れ、そして定期的なチェックを忘れずに、出来るだけ歯の寿命を長く持たせるよう心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入れ歯専門歯科「ハイライフグループ」での入れ歯治療の特徴

歯が抜けて入れ歯治療などでお悩みの方へ、当サイト掲載の入れ歯の専門家へ、噛める入れ歯治療の依頼を受付しております。

現在のお悩みやご要望をお話をお聞きして、お口のなかや、入れ歯の状態/問題となる部分治療が必要になる箇所を細かく診断した結果をもとに、 最適な入れ歯の治療内容とご費用・来院期間などを丁寧にご説明させて頂きます。
当グループでの診断結果をもとに、きちんとご納得されて、初めて治療の始まりとなります。

もちろん、入れ歯をお作りする前に、虫歯や歯周病、抜歯などの必要な処理も合わせてお受けいたします。

ブログの購読はFacebookが便利です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter・RSSでもご購読が可能です。

おすすめの関連記事