歯がないまま過ごすと起こりうる5つの危険性と治療方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯がないまま過ごす5つの危険性と治療方法

抜歯をしたり、歯周病や事故による衝撃などで突然歯が抜けてしまったりなど、歯を失ってしまった場合にどんな治療法があるのか、不安に思われている方も多いのではないでしょうか。
又、「忙しくて病院に行く時間が無い」「お金が掛かる」「1本くらい歯がなくても大丈夫」「見えない場所だからそのままでもいい」など、様々な理由で適切な治療を受けず、歯がない状態のまま過ごしていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、歯がないまま過ごすとどうなるのか、歯を失った場合の治療法についてご紹介致します。

 

1. 歯がないまま過ごすと起こりうる5つのこと

1-1. 歯がどんどん伸びてくる

例えば、右上の奥歯を1本失ってしまったとしましょう。この時適切な治療を施さずに放置してしまうと、右下の奥歯はそれまで噛み合っていた歯を失ったままになってしまいます。そして噛み合う歯を失った右下の奥歯は、段々と空いてしまったスペースを埋めようと伸びてくるのです。
これを挺出(ていしゅつ)というのですが、歯そのものの長さが伸びているのではなく、歯の根っこごと歯肉から出て来ている状態なので、長期間放置してしまうと次第に歯がぐらつき、最終的には抜け落ちてしまいます。歯が挺出すると、他の正常な歯の高さとの差が出る事により全体的な噛み合わせのバランスも狂ってきてしまいます。
噛み合わせが狂ってしまうと、一部の歯にだけ強く負担が掛かってしまったり、きちんと噛み合っていない歯が傾いてしまったりなど、それまで健康だった歯にも影響が出てしまいますし、お口元の形にも変化が出て来ます。

歯の挺出の図

 

又、いざ失った箇所に治療をしようとした時にも、挺出した歯によって、かぶせ物や入れ歯、インプラントを入れるスペースが取れないなど、治療を進める事が難しくなってしまう事もあるのです。
きちんと治療を受けて頂く事は、他の歯の健康を守る事でもあるので、もし歯を失ってしまった場合はすぐに歯科医院を受診して下さい。

1-2. 歯が傾斜・捻転

歯がないまま長期間過ごしていると、抜けた(又は抜いた)歯の両隣の歯がそのスペースを埋める為に段々と傾いてきます。
これを傾斜といいます。
両隣の歯が傾いてしまうと、噛み合わせも歯並びも変わってしまいます。噛み合わせや歯並びはお顔の印象にも影響し、輪郭の変化やお口元の歪みなども次第に出て来ます。又、噛み合わせの状態は全身的な体調にも影響を及ぼす為、歯を失った場合は放置せずに治療を受けて下さい。

歯の傾斜の図

1-3. 骨が溶ける

歯がある時は、噛む事で歯の根っこを支える骨に刺激が伝わりますが、歯がないままだと骨への刺激が無くなってしまいます。そうすると、次第に骨は溶けていき「歯茎が痩せる」という状態になっていきます。入れ歯をお作りになる際には、この骨があるのと無いのとで入れ歯の安定感も変わってきます。
又、インプラントを入れる際にも、埋め込むのに十分な骨が無いと手術が困難になります。骨を守る為にも、歯がないまま長期間過ごす事は避けて下さい。

1-4. お食事が困難になる

たった1本と思われるかもしれませんが、歯は1本1本に役割があります。前歯には食べ物にかぶりついた時に噛み切る役割があり、奥歯には食べ物を噛み砕きすり潰す役割があります。どこの歯が無くなっても、それらの機能が十分に働かず、次第に残っている歯への負担が大きくなっていきます。
又、きちんと咀嚼が出来なくなると消化不良となり胃腸にも負担が掛かります。噛めなくなってしまうとお顔の筋肉や顎の骨の衰えにも繋がりますので、適切な治療を受け、生涯お食事を楽しめるよう歯と身体の健康を守って下さい。

1-5. 発音への影響

歯がないと、きちんとした発音が出来なくなってしまいます。前歯を失ってしまうと、主に「さ行」「た行」「な行」「ら行」への影響目立ってきます。
又、奥歯を失うと空気が漏れる事で「き」「し」「ち」などの発音がしづらくなります。歯に関するお悩みの中で、発音を気にされて会話が楽しめなくなってしまったという方も多くいらっしゃるのです。お仕事柄人前でお話される機会が多いという方もいらっしゃるでしょう。失った箇所を補えば、それまでとほとんど変わらずに発音する事が出来ますので、歯科医師に相談の上ご自身に合った治療法を選択して下さい。

会話する中高年

2.歯を失った場合の3つの治療法

2-1. ブリッジ

ブリッジの説明
ブリッジは、失ってしまった箇所の両隣の歯を支えにして連結した人口の歯を被せる治療法です。
被せる時には歯科用の接着剤でしっかりと固定するので、安定感もあり強度的にもきちんと噛む事が出来ます。
しかし、支えにする歯は土台となる形に形成する必要がある為、健康な歯であるにも関わらず削らなければなりません。
歯の根っこが残っている場合は、根っこに土台を立て差し歯にする事が出来ますが、完全に抜けてしまった場合はその箇所に土台を立てる事が出来ない為、他の歯を土台にしなければならないのです。

保険でブリッジを作製する場合は、犬歯までの前歯には、金属のフレームにプラスチックを加工した白い歯を入れる事が出来ますが、それ以外の歯は全体が銀色の金属のブリッジになります。強度には優れていますが、金属によって歯茎の色が黒く変色してしまったり、金属アレルギーを発症する可能性がありますので、不安な方は事前にアレルギーの検査を受けて頂くか、金属を使用しない自費のブリッジをご検討頂くと良いでしょう。

作製費用は、前歯1本欠損の場合約21,000円、奥歯1本欠損の場合約11,000円、その他本数や部位によって異なります。

自費のブリッジは、作製工程や使用する材料が保険のものとは異なります。
「ハイブリッド」「メタルボンド」「オールセラミック」「ジルコニア」「ゴールド」といった、材料とその特性の異なる様々な種類のブリッジがあります。
それぞれにメリット・デメリットがある為、ご自身のご希望に合った材質を選択して下さい。作製費用は歯科医師によって異なりますので、よくご検討の上治療を進めて下さい。

2-2. 入れ歯

入れ歯の説明
入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。
部分入れ歯は部分的に歯を補う為の入れ歯で、失った歯の本数や場所により様々な形に作製されます。
総入れ歯は歯が1本も残っていない場合にお使い頂く入れ歯です。

入れ歯はブリッジと違い取り外しが可能な為、お口の中や入れ歯のお手入れもしやすく、清潔に保つ事が出来ます。又、健康な歯を削る必要もありません。しかし、取り外しが可能な分お口の中で動いてしまったり、ブリッジよりも大きなものになるので違和感を感じられる方がいらっしゃいます。お使い頂く内に慣れて頂けるものですが、固定されているものと比べてしまうとどうしても異物感は出てしまいます。

保険で作製されるのは、床という歯茎に接する部分がピンク色のプラスチックで出来た入れ歯です。

作製費用は、部分入れ歯だと片方約5,000円~約13,000円、総入れ歯だと片方約10,000円で作製する事が出来ます。

自費の入れ歯は作製工程が多く、保険の入れ歯を作製するよりも期間が長く掛かってしまいますが、その分お口にぴったりと合った入れ歯を作る事が出来ます。
入れ歯の種類も、保険の入れ歯では解消し切れない様々なお悩みに適応したものがあります。「イボカップ床」「コンフォート床」「金属床」「ノンクラスプ床」「オーバーデンチャー」「コーヌス」など、数多くの種類の入れ歯があります。

歯科医院によって費用は異なり、入れ歯の種類によっては取り扱いの無いものもある可能性がありますが、ご自身のお悩みに合った入れ歯をお選び頂き、技術の高い信頼出来る歯科医師の元入れ歯を作製して下さい。

2-3. インプラント

インプラントの説明図
インプラントは顎の骨に直接埋め込む為、ブリッジのように隣の健康な歯を削る必要も無く、入れ歯のような違和感も無く、ご自身の歯と極めて近い感覚でお使い頂けます。
しかし、インプラントを入れる為には必ず外科処置が必要となります。又、インプラントが完成するまでには半年~1年と長い期間が掛かり、お口の中の状態によってはインプラントを埋め込む前に骨を足す手術や歯肉を移植する手術が必要となるなど、更に治療期間が掛かる場合があります。

全身疾患や服用されている薬、生活習慣の状態によっては手術自体受けられないという事もありますので、インプラントを希望される方はお口の中の徹底した検査は勿論、既往歴や服用薬についてきちんと歯科医師に伝えた上で治療を進めて下さい。

インプラントの費用は歯科医院によって異なりますが、1歯につき20万~30万円程が相場だと言われています。
納得のいくまで説明を受けた上で、よくご検討頂き治療を進めて下さい。

 

まとめ

歯科医院で歯を抜いた場合は、その後の治療法について歯科医師から提案があるかと思いますが、突然抜けてしまった場合はどうしたら良いのか分からず、お痛みや出血などが無ければそのまま放置してしまうという方もいらっしゃるでしょう。しかし、今回ご紹介したように、放置する事によって様々な危険性があるのです。
歯を抜いた、歯が抜けたという方は、歯がないまま放置せず、ご自身に合った治療法で歯を補い、健康な歯、健康な身体を守って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入れ歯専門歯科「ハイライフグループ」での入れ歯治療の特徴

歯が抜けて入れ歯治療などでお悩みの方へ、当サイト掲載の入れ歯の専門家へ、噛める入れ歯治療の依頼を受付しております。

現在のお悩みやご要望をお話をお聞きして、お口のなかや、入れ歯の状態/問題となる部分治療が必要になる箇所を細かく診断した結果をもとに、 最適な入れ歯の治療内容とご費用・来院期間などを丁寧にご説明させて頂きます。
当グループでの診断結果をもとに、きちんとご納得されて、初めて治療の始まりとなります。

もちろん、入れ歯をお作りする前に、虫歯や歯周病、抜歯などの必要な処理も合わせてお受けいたします。

ブログの購読はFacebookが便利です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter・RSSでもご購読が可能です。

おすすめの関連記事