奥歯が抜けた!部分入れ歯?インプラント?ブリッジはできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯が抜けた!部分入れ歯?インプラント?ブリッジ?

歯が抜けてしまった場合、特に奥歯が抜けてしまった場合、「どんな治療法があるのか?」「歯科医師にはインプラントを勧められたけど、他に方法は無いの?」「このまま放置したらダメなの?」と、不安や疑問が沢山出て来るかと思います。
今回は「奥歯」に焦点を当て、抜けた場合の治療の選択肢として、部分入れ歯、インプラント、ブリッジを奥歯で治療する場合や、歯が抜けたまま放置してしまう危険性をご紹介致します。

1. 奥歯が抜けたままに放置するリスク

1-1. 挺出(ていしゅつ)

歯の挺出の図
歯が抜けたまま放置してしまうと、抜けた歯とそれまで噛み合っていた歯が空いたスペースを埋めようと伸びてくる可能性があります。
これは歯が根本から歯肉の外に出て来ている状態で、歯自体が長く伸びている訳ではありません。挺出を放置してしまうと更に歯は伸び続け、最終的には抜けてしまいます。
一度伸びてしまった歯は元には戻せないので、挺出し始める前に歯を補う治療を受けるようにしましょう。

1-2. 傾斜

歯の傾斜の図
歯が抜けたままでいると、失った歯と隣り合っていた歯が空いたスペースを埋めるように傾いてきます。歯が傾くと噛み合わせが悪くなり、正常な噛み合わせとずれた噛み癖がついてしまったり、局所的に負担が掛かってしまったりなど、健康な歯への影響も出て来ます。
噛み合わせが悪くなると、体全体のバランスも崩れ、肩こりや腰痛、頭痛や目眩などの体調不良にも繋がります。
全身的な不調を防ぐ為にも、歯が抜けてしまった場合は早い段階で歯科医院を受診しましょう。

1-3. 噛み締め

物を持ち上げる時や、スポーツなどで瞬間的に力を入れる時など、奥歯でグッと踏ん張ったり噛み締める事で力が出ます。
その為、噛み締める歯が無いままそれまでと同じ負荷がかかると、残っている歯への負担が大きく、力の掛かり方によっては歯が欠けてしまったりぐらついてしまう事があります。
反対に、歯が抜けたままでいると奥歯で噛み締める事が出来なくなり、スポーツをする時に今までのような力を発揮出来なくなる事もあります。
きちんと治療をする事で、噛む力を取り戻し、他の歯の健康も守る事が出来るので、どんな治療法がご自身に合っているのか歯科医師にご相談下さい。

1-4. 機能面での不具合

奥歯が無いと、空いた隙間から空気が漏れる事により、「き」「し」「ち」といった音が発音しにくくなります。
又、お食事の際には奥歯が無い事で十分に噛む事が出来ず、消化不良になってしまう事もあります。
噛めない場所を避けて噛み続けていると、お顔の筋肉のつき方が変わり、輪郭に変化が出て来る事もあります。
奥歯が無くても、最初は問題無く過ごせると思われるかもしれませんが、長期間に渡り放置する事で様々な問題が生まれてくるのです。
歯が抜けた時には、放置する事無く歯科医院を受診しましょう。

1-5. 1番奥の歯が抜けた場合

抜けたのが1番奥の歯であった場合、手前の歯が健康な状態で噛み合わせにも問題が無ければ、そのまま何もしなくても良いと判断する歯科医師もいるでしょう。
その場合は、歯科医師の診断通り何もせず、定期検診の際に歯全体の状態を診てもらえば良いでしょう。
何か不便な事があれば歯科医師に相談し、必要に応じてブリッジや入れ歯、インプラントのいずれかで歯を補う治療を進めて下さい。

2. 奥歯が抜けた際の治療方法

2-1. ブリッジができない歯

ブリッジと連結ブリッジ
ブリッジは、失った箇所の両隣の歯を土台にして、連結した人工歯を被せる治療法です。
保険でブリッジを作製する場合、奥歯は連続して2歯の欠損(歯が無い状態)までなら適用されます。連続して3歯以上の欠損となると、保険で作製する事は出来ず自費となります。
又、1番奥の歯が抜けた場合は、例え補うのが2歯以内であっても保険での作製は出来ません。延長ブリッジという、手前の2歯を支えにする特殊な作りのブリッジになる為、自費での作製となります。

延長ブリッジは、1番奥の歯の部分が浮いた状態になる為、手前の2歯に掛かる負担が大きく、あまり勧められないという歯科医師もいます。手前の2歯の健康状態によってはブリッジに出来ない事もありますので、その場合は、部分入れ歯かインプラントをご検討下さい。

ブリッジの作製費用は、保険で作製される場合奥歯1歯欠損で約11,000円、自費で作製される場合は、歯科医院や使用される材料によって差がありますが、ブリッジのみの値段は1歯欠損で5万円〜15万円程が相場と言われています。しかし、自費で作製される場合は、全ての作製工程が自費となるので、総額だと15万円〜45万円程掛かるでしょう。

・ブリッジ治療については、以下の記事で詳しく説明しています。
専門家監修|ブリッジ治療を選択する2つの利点と7つの欠点

2-2. 奥歯の部分入れ歯の種類

入れ歯の説明
部分入れ歯は、欠損本数が何本であっても保険で作製する事が出来ます。
歯が抜けた場所や本数により形はさまざまですが、左右片方の奥歯が抜けた場合には、通常抜けた歯の両隣の歯にクラスプという金属のバネを掛けて装着します。

左右両側の奥歯が抜けた場合や、片側だけでは安定性が悪い場合は、反対側の歯にもクラスプを掛け、歯茎と同じ色のプラスチックの材料を上あごや下の歯の裏に沿わせるような形で両側にまたがった入れ歯を作製する事となります。
奥歯がない場合の部分入れ歯
1番奥の歯が抜けた場合は、両隣の歯にクラスプを掛ける事が出来ない為、手前の歯何本かにクラスプを掛けますが、安定性を考慮し両側にまたがった形にする事もあります。
両側にまたがる入れ歯だと、上あごや下の歯の裏に掛かるプラスチックの厚みが気になるという方もいらっしゃいます。そういった場合は、自費(保険外)での作製にはなってしまいますが、プラスチック部分を金属にした入れ歯にすると、入れ歯を薄く仕上げることができ、違和感が少なく使用することができます。

部分入れ歯の種類

2-2-1. 自費の部分入れ歯の種類

クラスプが目立つのが気になるという方(入れ歯が見えないようにしたい方)には、クラスプ部分がピンク色のプラスチックで出来ているノンクラスプデンチャーや1本〜全ての歯が抜けた方用のコンフォートソケットという入れ歯があり、歯茎と色が馴染む為、入れ歯が目立ちません。両方とも、保険のものとは違う特殊なプラスチックを使用しており、自費での作製となります。
・コンフォートシリーズ公式WEBサイト

より審美性と安定性に優れた入れ歯は、歯の根っこに金属の土台を立て、その上から入れ歯を被せるアタッチメント義歯や、コーヌス・テレスコープという種類もあります。
コーヌス・テレスコープの場合は、技術的にも非常に難しく、費用も100万円を超える高額になる場合が多く、歯科医院によってはお取り扱いの無い場合もあります。

2-2-2. お悩みのない入れ歯にする為に

入れ歯の場合、材質を保険外の自費のものを使用すれば、お悩みが必ずしも解消できるという訳ではなく、歯科医師や、入れ歯を作る歯科技工士の高い技術がとても重要になります。
お悩みの方は、かかりつけの歯科医院に、歯の状態と合わせてよく相談されるてみてください。
入れ歯の歯科医院ハイライフグループではこのほかにも沢山の入れ歯の種類を取扱っております。

部分入れ歯の作製費用は、保険で作製される場合は上下いずれか1つで5,000円〜13,000円程。自費でのお作りになると金属床は上下いずれか1つで40万円〜、ノンクラスプデンチャーは20万円〜、アタッチメント義歯は30万円〜というのが相場です。いずれも歯の本数や歯科医院の値段設定により大きく変動する可能性があります。

・部分入れ歯の種類については、以下の記事で詳しく説明しています。
専門家監修|入れ歯のお悩みを解消するさまざまな入れ歯の種類

・部分入れ歯の費用については、以下の記事で詳しく説明しています。
専門家監修|入れ歯の値段相場は?保険・保険外の入れ歯の種類

2-3. 奥歯のインプラント

インプラントの説明図
奥歯にインプラントを入れる場合、奥歯の近くには上顎洞や下顎管という神経や血管が通っている場所がある為、より慎重に治療を進める必要があります。
上顎洞や下顎管を傷付けてしまうと、手術後に痺れや麻痺などの後遺症が残る場合があります。こういった危険性を回避する為には、しっかりと骨の厚みがある事が大切になってきます。奥歯の骨が薄い場合は、インプラントを埋め込む手術をする前に、まず骨を増やす手術をしなければなりません。
奥歯は前歯に比べて遥かに噛んだ時の負荷が大きく掛かるので、そういった点でも骨に厚みをもたせる事は大切なのです。安全に手術をする為にも、長くインプラントをお使い頂く為にも、事前の検査をしっかり受けて下さい。

インプラントの作製費用は、1歯20万〜30万円程と言われていますが、骨を増やす手術など処置が増えるとそれだけ費用も掛かってきますので、治療を開始される前に全ての治療に掛かる費用について確認して下さい。

・良いインプラントをする条件については、以下の記事で詳しく説明しています。
専門家監修|良い歯科医院でインプラントを受ける5つの条件

・インプラント治療と健康状態については、以下の記事で詳しく説明しています。
専門家監修|インプラント治療を成功させる全身状態と投薬のチェックリスト

・1本はを失った時のインプラントについては、以下の記事で詳しく説明しています。
専門家監修|歯を1本失った場合のインプラント(費用・治療内容・期間)

まとめ

今回は奥歯が抜けた場合の治療法、放置する事の危険性をご紹介致しました。歯はそれぞれ違う役割を持っている為、その部位によってブリッジの種類やインプラントの前処置、部分入れ歯の形など、適したものが変わってきます。
何故その治療が必要なのか、何故その種類が適しているのか、そういった疑問があれば、その都度歯科医師にご確認頂き、納得のいく治療を受けて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入れ歯専門歯科「ハイライフグループ」での入れ歯治療の特徴

歯が抜けて入れ歯治療などでお悩みの方へ、当サイト掲載の入れ歯の専門家へ、噛める入れ歯治療の依頼を受付しております。

現在のお悩みやご要望をお話をお聞きして、お口のなかや、入れ歯の状態/問題となる部分治療が必要になる箇所を細かく診断した結果をもとに、 最適な入れ歯の治療内容とご費用・来院期間などを丁寧にご説明させて頂きます。
当グループでの診断結果をもとに、きちんとご納得されて、初めて治療の始まりとなります。

もちろん、入れ歯をお作りする前に、虫歯や歯周病、抜歯などの必要な処理も合わせてお受けいたします。

ブログの購読はFacebookが便利です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter・RSSでもご購読が可能です。

スポンサーリンク

おすすめの関連記事