総入れ歯?インプラント?全ての歯を失ったとき4つの治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
総入れ歯?全ての歯を失ったとき4つの治療法

自分の歯を全て失った時には、総入れ歯しか治療方法はないのでしょうか?とはいえ、インプラント治療で全ての歯をカバーするのも大変な負担になります。
また、歯科技術の進歩により、入れ歯は以前よりもはるかに快適で使いやすいものになっています。
今回は全ての歯を失ったときの治療方法についてご説明します。

1.全ての歯を失ったときの選択肢

全ての歯を失った場合には、総入れ歯を入れる治療方法と、無くなった自分の歯を1本1本インプラントで置き換えていく治療方法、そしてインプラントと入れ歯(義歯)を併用する治療法とがあります。

2.保険治療の総入れ歯のメリット・デメリット・費用

保険治療で総入れ歯を作る場合には、人工歯と人工歯の土台部分の義歯床をプラスチック製のレジンで製作することになります。
総入れ歯

2-1.保険治療の総入れ歯のメリット

まず、保険治療の総入れ歯は適用範囲が広く、総入れ歯での治療を希望されるほとんど全ての患者様に使用することができます。
保険治療の総入れ歯に使用できる材料はプラスチックだけですが、その分費用負担は少なくて済み、入れ歯が破損しても修理が容易です。

2-2.保険治療の総入れ歯のデメリット

①臭いや汚れ、変色やすり減りが起こる
保険治療の総入れ歯のデメリットは、材料のプラスチックの性質から、洗浄を怠って使用していると臭いや汚れが付きやすいことです。
また長期間使用していくうちに入れ歯の変色や人工歯のすり減りが起こります。

②使用感があまり良くない
保険治療では入れ歯に金属を使用できないので、入れ歯の強度を確保するためにある程度の厚みが必要となり、これが強い違和感となって使用に支障を来すこともあります。
上顎の総入れ歯は、口蓋部分をすっかり覆ってしまうので、食事の時に食べ物の温度や味がわかりづらくなることもあります。

また、入れ歯がお口に合っていない、唾液が少なく入れ歯が吸着しない、歯茎が痩せていて入れ歯がゆるいなど、吸着面で入れ歯になんらかの不具合がある場合は、食事の時には総入れ歯が落ちたり外れたりしないように気を付けながら使用しないといけません。

③長期間使用し続けると合わなくなってくる
総入れ歯は、入れ歯の床の部分を粘膜にピッタリと吸着させることできちんと噛めるように作られています。
最初はよく合っていた入れ歯でも、使用していくうちに、だんだんと入れ歯が合わなくなっていき、使いづらくなってくることがあります。
そのため、定期的な調整や作り替えなどが必要になります。

④6ヵ月以内の再製作は認められない
保険治療で総入れ歯を作ると、何らかの事情で入れ歯を作り替えたくても6ヵ月間は保険治療での新義歯製作は認められていません。

2-3.保険治療の総入れ歯にかかる費用

保険治療の総入れ歯にかかる費用は、1割負担の上下顎で制作した場合約7000円、3割負担で上下顎制作した場合は約2万円程度です。

3.自費治療の総入れ歯のメリット・デメリット・費用

自費治療の総入れ歯は、保険治療で指定される材料や技術の制約を受けずに製作することができます。
fd

3-1.自費治療の総入れ歯のメリット

自費治療で総入れ歯を作る場合、入れ歯の材料や使う技術の制限がなくなるので、より機能や見た目、使用感や耐久性を重視した入れ歯の製作が可能になります。
自費治療の総入れ歯は保険治療の総入れ歯と比べ、入れ歯を使う患者様お一人お一人のご要望を取り入れた入れ歯製作が可能になります。

・自費の入れ歯の種類ついては、以下の記事で詳しく説明しています。
入れ歯の値段相場は?保険・保険外の入れ歯の種類

3-2.自費治療の総入れ歯のデメリット

自費治療で総入れ歯を制作する場合、より患者様の要望を取り入れた入れ歯の製作が可能ですが、中にはご希望するタイプの総入れ歯が装着できない場合もあります。
また、入れ歯の製作にかかる費用は自己負担のため、高価になります。

①金属を使う入れ歯を使用できない人もいる
入れ歯の一部をチタンや金、ニッケルクロム、コバルトクロムなどの金属で作り、強度や耐久性、使用感を上げ、メンテナンスをしやすくすることがあります。けれども、患者様にこれらの金属にアレルギーがある場合には使用できません。また、入れ歯の金属部分が破損すると修理は困難です。

②アタッチメントタイプの入れ歯の問題点
マグネット入れ歯
アタッチメントタイプの入れ歯とは、まだ抜かずに使用できる歯根が残っている場合に、残っている歯と入れ歯を固定する装置をつけ、入れ歯の安定や物を噛む力を高めたものです。

アタッチメントの中でも磁石を使ったアタッチメントがよく用いられていますが、磁石を組み込んだ歯根部分が割れやすくなるのと、装置の価格が高価で一装置当たり5万円前後すること、磁気アレルギーの方には使用できないデメリットがあります。

③インプラントオーバーデンチャーの問題点
インプラント義歯
入れ歯を装着する顎の骨にインプラントを数本埋め込んだ後、上部に入れ歯の固定装置を取り付けて、入れ歯をしっかりと安定させて使用できるようにしたものです。アタッチメントタイプの入れ歯よりもがたつきや痛みが大幅に軽減され、咀嚼効率もいいのでより「よく噛める」入れ歯になっています。

しかし、インプラント挿入のための手術が必要なこと、手術した顎の骨が安定するまで数カ月の治療期間が必要なこと、顎の骨の状態や全身疾患、喫煙や口腔内のメンテナンスが困難などの理由から不適応となることもあります。

④シリコーン義歯の問題点
コンフォート入れ歯
シリコーン義歯とは、入れ歯が接触する口腔粘膜側の義歯床の一部にシリコーンを使用したものです。柔らかい素材のシリコーンを用いるので、「入れ歯が当たって痛い」という使用感を改善することができます。デメリットは、シリコーン部分に汚れが付きやすいところです。きちんと洗浄してメンテナンスをしておけば、長期の使用が可能です。

⑤歯科医師の技術の問題点
入れ歯は非常に専門知識の必要な治療となるために、自費の材料を使用して入れ歯を製作しただけですと、なかなかぴったりお口に合ったものはできません。
お口の型取りから、噛み合わせなど必要な治療が適正である上で、初めてお口で機能する入れ歯に仕上がります。
そのためには、歯科医師と歯科技工士の高い技術が欠かせません。

3-3.自費治療の総入れ歯の費用の目安

自費治療の入れ歯は、歯科医院や使用する材料や装置によってかなり費用の幅があります。

①金属床義歯
金属床義歯は、入れ歯の一部を金属に置き換えて使用感や強度を上げたものです。
使用する金属の種類や使用する金属の量によって必要な費用は異なってきます。上下どちらかの入れ歯を金属床義歯で作る場合、約50万円前後の費用がかかります。

②アタッチメントタイプの入れ歯
アタッチメントタイプの入れ歯の場合、使用するアタッチメント装置の種類によって金額が異なります。
アタッチメント装置1装置当たりの値段は10万円で、これに入れ歯本体の値段が加わります。

③インプラントオーバーデンチャー
総入れ歯を安定させるためにインプラントを埋入するには、上顎6本、下顎4本のインプラントが必要とされています。
患者様それぞれのお口の中の状態によって必要なインプラントの本数は変わってきます。

インプラント1本25万円、総入れ歯1つ当たり〜40万円で計算すると、上顎で約~190万円、下顎で約~150万円となります。

4.インプラントオーバーデンチャーのメリット・デメリット・費用

インプラント義歯
歯をすべて失った時に総入れ歯で治療すると、すべてインプラントで治療する場合と比べて、体への負担とかかる費用の負担が抑えられます。
けれども総入れ歯には、噛みにくさや使用感に慣れるなどの問題がついて回ります。
そこで、インプラントの使用本数は必要最小限に抑えて費用と体への負担を抑え、さらに総入れ歯を使用する時の不具合をできるだけ軽減したものが、インプラントオーバーデンチャーです。

4-1.インプラントオーバーデンチャーのメリット

インプラントオーバーデンチャーは顎の骨にインプラントを打ち込み、打ち込んだインプラントの上に入れ歯を被せるように装着して使用します。
必要に応じてインプラント同士をつなぐ金属製のバーなども併用してより強い維持力を持たせたものもあります。

①物を噛む力が向上
顎の骨に固定されたインプラントで入れ歯を支えるので、入れ歯のがたつきや痛みが大幅に軽減され、物を噛む力も各段に向上します。

②顎の骨の吸収を防ぐ
噛んだ時に入れ歯が粘膜に沈み込む力をインプラントを通して顎の骨の方に分散するので、入れ歯の下の部分の顎の骨の吸収をある程度防ぐ事ができます。

③違和感が少ない
使用中の違和感が少なく、より自分の歯に近い感覚で噛むことができます。

4-2.インプラントオーバーデンチャーのデメリット

非常にメリットの多いインプラントオーバーデンチャーですが、デメリットもあります。

①インプラントの手術が必要
インプラント埋入手術が必要なので、手術ができない全身疾患やインプラントの維持管理が困難な生活習慣や口腔内環境がある場合、適応外となります。

②治療期間が長くなる
埋入したインプラントが顎骨としっかり固定するまで、数カ月の治療期間が必要です。インプラント埋入に必要な骨量が足りない場合には骨造成の施術が必要になる場合もあります。

4-3.インプラントオーバーデンチャーの費用

インプラントオーバーデンチャー治療に必要なインプラントの本数は、患者様の顎の骨の形態やお口の中の状態によって異なります。

上顎6本、下顎4本のインプラントオーバーデンチャーで治療する場合、インプラント1本25万円、総入れ歯1つ当たり〜40万円で計算すると、上顎で約~190万円、下顎で約~150万円となります。

5.All-on-4のメリット・デメリット・費用

All-on-4(オールオンフォー)とは、すべての歯を失った顎の骨に上下顎それぞれ4本ずつのインプラントを埋入して、10~14本の人工歯を並べたブリッジのような義歯列をねじ止めした、インプラント固定式の総入れ歯です。インプラントを6本使う場合にはAll-on-6と呼びます。

5-1.All-on-4のメリット

①安全なインプラントの挿入
All-on-4で用いるインプラントは、通常のインプラントの埋入よりも傾斜角をつけて埋入するので、上顎洞や下顎神経などの傷つけたくない部位を避けてインプラントが埋入できます。

②即日施術帰宅が可能
また、歯根が残っている歯などを抜歯後すぐにインプラント埋入、仮歯の装着を行えて食事も可能なこと、さらに即日帰宅できて入院の必要がないのもメリットの一つでしょう。

③コンパクトで快適な使用感
通常の総入れ歯が口の中の粘膜を広範囲に覆う大きな装置となるのに対して、All-on-4はブリッジのように必要最小限のコンパクトな装置となっているので、粘膜や唾液腺を圧迫することなく、違和感なく装着できます。

④入れ歯の脱落・ずれのストレスからの解放
また、インプラントに人工歯部分をネジで完全に固定しているので、入れ歯が脱落したりずれたりすることもありません。

5-2.All-on-4のデメリット

多くのメリットのあるAll-on-4の治療ですが、デメリットもあります。

①治療を受けられる歯科医院が少ない
All-on-4はノーベル・バイオケア社の提供する専用の製品を使って行う施術法です。使用するインプラントもAll-on-4専用のインプラントであるために、ノーベル・バイオケア社の製品を取り扱っていない歯科医院では、施術が受けられません。まだ、All-on-4の治療が受けられる歯科医院は少ないのが現状です。

②天然歯が残っている場合には抜歯が必要になる
All-on-4は歯列全体を固定式の人口歯列で覆うので、まだ機能している天然歯が残っている場合にはその歯を抜歯する必要があります。

③施術後も定期的なメンテナンスが必要
All-on-4の装置やお口の中の状態を定期的にフォローアップするために、定期的な歯科医院でのメンテナンスが必要になります。

④口腔内や全身状態によっては適応外になることもある
インプラントの手術が可能なことが前提の治療法なので、全身状態や口腔内の状態によっては施術できないこともあります。

5-3.All-on-4の費用

All-on-4の費用は片顎当たり250~400万円です。従来のインプラント治療で行うと、片顎で400~1000万円近くかかる場合もあります。
それに比べるとかなり費用は抑えられますが、ある程度の治療費はかかります。また、定期的なメンテナンス費用として3000円~1万円程度が必要です。

まとめ

一般に外れる、合わない、使いにくい、という印象が強い総入れ歯ですが、その種類や治療法はずいぶん多く、驚かれた方も多いのではないでしょうか。
費用や入れ歯に求める条件などを十分に検討されて、よい入れ歯選びや治療の参考にされてください。

入れ歯専門歯科「ハイライフグループ」での入れ歯治療の特徴

歯が抜けて入れ歯治療などでお悩みの方へ、当サイト掲載の入れ歯の専門家へ、噛める入れ歯治療の依頼を受付しております。

現在のお悩みやご要望をお話をお聞きして、お口のなかや、入れ歯の状態/問題となる部分治療が必要になる箇所を細かく診断した結果をもとに、 最適な入れ歯の治療内容とご費用・来院期間などを丁寧にご説明させて頂きます。
当グループでの診断結果をもとに、きちんとご納得されて、初めて治療の始まりとなります。

もちろん、入れ歯をお作りする前に、虫歯や歯周病、抜歯などの必要な処理も合わせてお受けいたします。

ブログの購読はFacebookが便利です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter・RSSでもご購読が可能です。

スポンサーリンク

おすすめの関連記事