仮歯が果たす6つの役割と取れたときすぐにできる対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮歯が果たす6つの役割イメージ

仮歯とは、詰め物や被せ物が入るまでの間、一時的につけておくプラスチックできた物です。その名の通り仮の歯として、あなたの口の中で活躍する歯のことです。治療期間中はこの仮歯を、取り外しのしやすい、歯科専用の弱い接着剤を使って装着し、取ったり外したりを繰り返します。仮歯をつけている間、皆さんが一番気がかりなことはこの仮歯が、日常生活の中で「はずれてしまったらどうすればいいの?」ということではないでしょうか?
今回は、そんな困った時の対処法や、注意点などをご紹介いたします。

1. 仮歯が果たす6つの役割

仮歯から最終的な歯へ移行する図
「治療中、仮歯は絶対に付けないといけないの?」「仮歯の役割は何?」意外と知らない、仮歯の6つの役割についてお伝えします。

1-1. 歯が移動しないようにする

仮歯がないと、周囲の歯がすこしずつ動き出します。初めに型取りした、歯の位置と変わってしまい、最終的な被せ物が合わなくなってしまいます。歯を移動するのを予防するために、仮歯を付けることが重要です。

1-2. 歯ぐきの変化を防ぐ

仮歯がないと、歯ぐきの位置が変化してしまったり、形が変化して、綺麗に被せ物が入らないことがあります。

1-3. 形や噛み合わせのチェック

最終的な被せ物を入れる前に、仮歯の段階で、状態をチェックする役割があります。仮歯を入れている期間に、サイズや形状が適正であるか?発音や噛み合わせの状態はどうか?など、あらかじめチェックすることができます。

1-4. 治療中の見た目を保つ

とくに前歯などの治療中には、歯がないと見た目の印象が悪くなってしまいます。治療中も以前の口元の印象が変わらないように仮歯を付けます。

1-5. 食事をしやすくする

食事をするのに、支障が出ないようにするために仮歯を付けます。奥歯の治療中に仮歯がないと、奥歯で食べ物を噛めなかったり、食べ物が詰まりやすくなり、歯ぐきの炎症の原因にもなります。粘着性のある食べ物や、硬い食べ物を避ければ、通常通りの食事をすることができます。

1-6. いつも通り話せる

歯がない所があると、そこから息がもれて発音がしずらくなります。仮歯を付けることにより、いつも通りにお話しをすることができます。

 

2. 仮歯が取れた!すぐにできる4つの対処方法

食事中に仮歯が取れてしまった!「急なことでどうしたらいいのか?」と慌ててしまいますよね。そんな時の4つの対処法をお伝えします。

2-1. はずれた仮歯を壊したり、なくさないように保管する

仮歯は小さく、壊れやすい材質なので、ティッシュなどに包んで、うっかりなくしてしまったり、欠けてしまわないように、透明の容器などに入れるようにして下さい。無くしてしまうと再度、仮歯を作り直さないといけなくなります。

2-2. はずれてしまった仮歯をそのまま付けておかない

咬んだ衝撃で割れてしまい、飲み込んでしまうこともありますので、はずしておくことをおすすめします。万が一飲み込んでしまっても、殆どの場合、自然に排泄されるので、心配はありません。喉に詰まった感じがあるなど、心配なことや、体調の変化がある場合は、内科を受診して下さい。

2-3. もしも仮歯が割れてしまったら、破片も一緒に保管する

破片も仮歯を直す際に必要となりますのでなくさず、保管しておいて下さい。
また長い期間、仮歯がない状態が続くと、歯が動いてしまったり、治療に影響が出てしまうこともありますので、なるべく早く歯科医院に連絡し、付けてもらいましょう。

2-4. 一般の接着材では絶対に仮歯を付けない

一般の接着剤で付けるとがっちりと付きますが、仮歯を外したり、接着材を取り除くために歯を削らなくてはなりません。仮歯の作り直しや、歯型の取り直しで、治療が長引くこともあります。絶対に自分で付けないようにしましょう。
接着剤

 

3. 痛み、違和感がでた時の対処は?

仮歯を付けた直後は痛みや違和感を感じることもあります。
数日間様子をみても、痛みが治まらない、食事をしていて違和感を感じる時は、歯科医に相談し、仮歯の噛み合わせの調整をしてもらって下さい。噛みあわせが合ってないまま使用を続けると、他の部分に歪みが出てくることもあります。

 

4. 仮歯をしている期間中に注意すべき4つのポイント

仮歯を付けている期間は治療の内容によって異なります。仮歯は、最終的な被せ物とは違い、強度がないため、長期間の治療となる場合、
特に日々の生活での注意が必要です。治療をスムーズに行うために、4つの注意点を参考にしてみて下さい。

4-1. 硬い食べ物をさける

仮歯は、その場での微調整を行いやすくするため、プラスチックの材質で出来ていてます。仮歯自体に、硬い食べ物を噛み切ったり、すり潰すような性能はありません。あまり無理をすると割れたり外れたりする原因となります。なるべく仮歯の部分では噛まないように意識しましょう。

4-2. ネバネバしている食べ物をさける

ガムやキャラメル、お餅のような粘着性のある物を食べると、弱い歯科専用の接着剤を使って装着している仮歯は、すぐに取れてしまいます。
仮歯を付けている期間は、食べ物の種類にも気を付けましょう。

4-3. 仮歯の部分も清潔に保つ

仮歯も他の歯と同様に、歯磨きをしっかりしましょう。仮歯の材質は、歯垢が付きやすいため清掃がとても大切になります。仮歯の期間に清掃がきちんとできていないと、歯茎に炎症がおきたり、仮歯が欠けてしまった場合にはその隙間から、歯垢が入り、知らずに虫歯になっていることもあります。
治療がスムーズに進まなくなりますので、仮歯の部分は、より丁寧に清掃しましょう。

4-4. 仮歯のまま治療を中断しない

仮歯はあくまでも、仮の歯です。そのまま放置しておくと、噛み合わせ狂ったり、他の歯に負担がかかったり、色や臭いが付着します。決して治療を中断しないようにしましょう。

 

5. 仮歯の値段

保険診療内の仮歯の値段は、3割負担で500円程度です。
審美性や、精度、材質にこだわった、自費診療の仮歯の値段は3000円~10000円程度になります。

 

まとめ

仮歯はあなたの口の中で、最終的な被せ物が出来るまでの間、活躍してくれる大切な役割を担っています。治療を円滑に進めていくために、是非参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入れ歯専門歯科「ハイライフグループ」での入れ歯治療の特徴

歯が抜けて入れ歯治療などでお悩みの方へ、当サイト掲載の入れ歯の専門家へ、噛める入れ歯治療の依頼を受付しております。

現在のお悩みやご要望をお話をお聞きして、お口のなかや、入れ歯の状態/問題となる部分治療が必要になる箇所を細かく診断した結果をもとに、 最適な入れ歯の治療内容とご費用・来院期間などを丁寧にご説明させて頂きます。
当グループでの診断結果をもとに、きちんとご納得されて、初めて治療の始まりとなります。

もちろん、入れ歯をお作りする前に、虫歯や歯周病、抜歯などの必要な処理も合わせてお受けいたします。

ブログの購読はFacebookが便利です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter・RSSでもご購読が可能です。

おすすめの関連記事