もしも差し歯が取れた時…してはいけない3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もしも差し歯が取れた時...してはいけない3つのこと

「歯が取れた!」…突然差し歯が取れると誰でも焦ってしまうもの。外出先などではさらに困るりことになります。
特に前歯だと見た目にも影響してしまいますので、人前で大きく口も開けませんよね。
そんな時、どうするのが最善策なのでしょうか。また、取れた差し歯はまた使えるのでしょうか。
今回は、差し歯が取れたときに、行って良いこと、駄目なことなど、対処方法をご説明します。

1.歯医者に行くまでに行うべき対処方法

差し歯が取れたら、自分ではもうどうすることもできません。
差し歯はご自分の歯である土台とくっついていますが、それは歯科専用の材料でしか接着しないのです。
つまり、差し歯が取れて元の状態に戻すためには、早急に歯科医院に行くことしかないのです。

しかし、差し歯が取れたからと言ってすぐに歯科医院を受診できる方はごく少数の方ですよね。
大抵の方が仕事があったり、家庭の用事が入っていたりと、差し歯が取れたその足で歯科医院に向かうことは難しいと思います。

差し歯が取れた翌日、または数日後に歯科医院を受診する場合、取れた差し歯をご自分で保管していなければなりません。
その際気を付けていただきたいのが、壊れないように柔らかいガーゼなどで包んで入れ物に入れて保管しておということです。
ついやりがちなのが、ティッシュに包んでそのまま放置してしまうことです。差し歯や口腔内の状況によっては、もう一度付けられる場合もあるので、取れた差し歯は大事に保管しておくのが基本です。

また、土台が入っていた部分が空洞になっていますが、そこに食べ物の残りが詰まらないように気をつけましょう。
細い穴なので、食べ物が詰まってしまうと虫歯や歯肉炎の引き金になり兼ねません。虫歯や炎症があるとすぐに差し歯を付けられなくなるので、診察を受けるまではブラッシングとうがいを徹底して行いましょう。

2.注意!してはいけない3つのこと

2-1.自分で付ける

アロンアルファ
差し歯が取れたとき、慌てて接着剤などで自分で付けようとする方がいます。
これは、絶対にやめましょう。
強力な瞬間接着剤で付けてしまうと歯科医院で除去するのも至難の業で、中には歯を削らなければならなくなる場合もあります。
しかも、自分で付けた場合、唾液などが入り込み衛生的とは言えません。また隙間ができることで、細菌が入り込みやすくなり、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

2-2.すぐに歯科医院に行かないで様子を見る

稀に、「差し歯が取れたの」と言って来院される患者様の中に、取れた時期を伺うと「1ヶ月前」などと答える方がいて驚くことがあります。
差し歯は、口腔内の状況や取れた差し歯の状態によっては、そのまますぐに戻せる場合がありますが、さすがに1ヶ月も経っていてはすぐに差し歯を戻すことは難しいでしょう。
放置していた1ヶ月の間に、土台の歯が虫歯や歯周病に罹患してしまう場合もあります。また、差し歯があった場所に隣の歯が傾いてしまい、取れた差し歯を戻す空間が足りなくなってしまう場合も考えられます。

虫歯や歯周病、歯の傾きなどがあれば、再度治療をすることが必要です。場合によってはもう一度差し歯を作り直さなければならなくなりますので、差し歯が取れたらできるだけ早く歯科医院の診察を受けることが重要なのです。

2-3.適当に保管しておく

取れた差し歯は、もしかしたらもう一度使えるかもしれません。できるだけ再治療の負担を減らすためにも、差し歯は大切に保管しておきましょう。
「ちゃんと作ったものだから大丈夫でしょ」と、そのままポケットに入れたりティッシュに包んだままカバンに入れておくのはNGです。
差し歯は意外と脆く、何かの衝撃で壊れてしまう場合もあります。作り直すとなると、また型どりから始めなければならず、患者様にとっても大変負担になってしまいます。
取れた差し歯を保管するときは、柔らかいガーゼなどで優しく包み小さ目のタッパーなどに入れておきましょう。お子さんに渡す、抜けた歯を入れる入れ物などがあれば活用しても良いですね。

歯科医院で診察を受ける前に壊れてしまうことがないよう、なるべく衝撃を受けないような保管方法を考えてみてください。

3.差し歯が取れてしまう原因と注意

差し歯が取れてしまうのにはいくつか原因があります。

3-1.虫歯

まず考えられるのが、虫歯。土台となる歯が虫歯になってしまい、もろくなって差し歯が取れてしまうことがあるのです。
差し歯は人工的な物でも土台はご自分の歯です。メンテナンスをしっかりとしていないと虫歯や歯周病などのトラブルは避けられません。

差し歯と土台の境目は、歯ブラシの毛先が届きにくく、磨き残しが起こりやすい箇所です。また、見た目は小さな黒い点だからと安心していても内部では大きな虫歯が進行しているということもよくある事例です。自分だけのケアでは限界があるので、定期的に歯科医院に行ってメンテナンスをしてもらっていると安心です。

3-2.かみ合わせ

ほかの原因として考えられるのが、かみ合わせです。差し歯を作った時にはちょうど良いかみ合わせでも、治療をしてから年数が経ち口腔内の状況が変わってくると、かみ合わせやそこにかかる力も変化してきます。
噛み合わせが悪く差し歯に過度に力がかかりすぎていたり、歯ぎしりなどによって一時的に強い力がかかってしまう場合は差し歯が取れやすい状況だと言えるでしょう。
また、リンゴなど固いものを食べた、歯に何かがぶつかったなど、特殊な状況が原因になる場合もあります。

差し歯が取れたときは前後の状況や最近の習慣などを振り返ってみると良いと思います。

差し歯は永久的なものではありませんが、治療は長期にわたり大変ですし、前歯などは費用もかさみます。
できるだけ長く使えるよう、「差し歯を長く保つ」生活を心がけましょう。一番大切なのはセルフケア。差し歯と自分の歯との境目は、最も虫歯になりやすく、また気づきにくい箇所でもあります。
毛先が柔らかめの歯ブラシを使って、優しく細かい振動で磨くようにしましょう。
デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助清掃器具の併用もオススメです。歯と歯の間は歯ブラシが届きにくいので、補助清掃器具を大いに活用しましょう。

セルフケアをしっかりやっても虫歯になってしまう方は多いものです。だからこそ、歯科医院での定期健診がとても重要です。

虫歯の怖いところは、見た目は小さくても内部で大きくなっているということ。
歯の内部の状態はレントゲンを撮ってみないと分からないので、歯科医院での診察は欠かせません。小さい虫歯ならすぐに治せますし、差し歯に影響はありません。
ご自身の負担を最小限にするためにも、定期的に歯科医師の診察を受けることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?差し歯が取れたときの対処法についてお伝えしました。
差し歯が突然取れるとつい焦ってしまい、ご自分で付け直そうとする方もいらっしゃいますが、慌てずに歯科医院を受診しましょう。
もし取れた差し歯を飲みこんでしまっても身体に影響はないので心配いりません。取れた差し歯が手元にあるのなら、受診までは、取れた差し歯をケースに入れて保管し、土台となる歯が虫歯にならないようしっかりと歯ブラシを当てましょう。
差し歯が取れてしまうのにはいくつかの原因があります。今後はメンテナンスに気を遣い、できるだけ長く差し歯を使えるように心がけたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入れ歯専門歯科「ハイライフグループ」での入れ歯治療の特徴

歯が抜けて入れ歯治療などでお悩みの方へ、当サイト掲載の入れ歯の専門家へ、噛める入れ歯治療の依頼を受付しております。

現在のお悩みやご要望をお話をお聞きして、お口のなかや、入れ歯の状態/問題となる部分治療が必要になる箇所を細かく診断した結果をもとに、 最適な入れ歯の治療内容とご費用・来院期間などを丁寧にご説明させて頂きます。
当グループでの診断結果をもとに、きちんとご納得されて、初めて治療の始まりとなります。

もちろん、入れ歯をお作りする前に、虫歯や歯周病、抜歯などの必要な処理も合わせてお受けいたします。

ブログの購読はFacebookが便利です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter・RSSでもご購読が可能です。

スポンサーリンク

おすすめの関連記事